広報SAKだより案内
  • facebook
  • facebook race center
  • Youtube
  • Youtube
東急リバブル

ホーム > 行事レポート > 第16回チャレンジカップ第2戦 鹿沢大会 開会式 / SL / SL表彰式 / GS / GS表彰式 / 紹介事項



■紹介事項 1
 今大会期間中においては、ワールドカップで活躍されている(株)東急リゾートサービス所属の「大越龍之介」選手に大変ご協力頂きました。大越選手はFISの大会の間隙を縫って今大会に参加して頂きました。また、大会前日に実施された事前トレーニングには、多くの選手が参加されたそうです。
大会期間中はSL、GSにおけるフォアランナーとしての実際の滑りを見学できたのはもちろん、表彰式等におけるプレゼンター、サイン会等、ファンサービス旺盛な一面を拝見させて頂きました。今大会の翌日には野沢温泉でのFISレース、翌週はニセコの大会に参加予定とのことでした。大越選手の今後の活躍を祈念いたします。ありがとうございました。


揃ってブリザード

山田副会長とツーショット

ワールドカップ使用のビブ当選者

ワールドカップ使用のビブ当選者

サイン会は大盛況

ここにもサイン

■紹介事項 2
 今回の大会においても、協賛企業の皆さまから多大なご支援をいただき運営されました。前回と同様に「東急リバブル」様の協賛により、選手の「ビブ」、「バナー」等を全面的にご協力いただきました。また、マーケティング委員会が企画した「お楽しみ抽選会」には、各協賛企業である「カンダハー」、「HEAD」、「レグザム」、「ATOMIC」、「オガサカ」、「サロモン」の皆様から高価な景品を提供して頂きました。選手の皆さんは大変喜んでいました。ありがとうございます。


私の顔は覚えていますか〜

豪華な景品の数々

抽選会の様子

ラッキーな当選者

■編集後記
 今回の取材を終え、前回同様に印象に残ったのは、役員の皆様の周到な準備です。大会準備からゲレンデ準備、競技運営、開会式、表彰式と2日間のスケジュールが目まぐるしく変化する中、皆さん淡々と自分にアサインされた仕事をこなしていました。競技運営するのは大変な作業であることを改めて実感しました。
SL、GSと2日間の取材でしたが、競技内容的にはそれぞれに特色があり、ベストチャンスにシャッターを切るのが大変でした。県連ホームページの「画像データベース」で確認して下さい。皆様のご協力に感謝いたします。



< 前へ



ホーム > 行事レポート > 第16回チャレンジカップ第2戦 鹿沢大会 開会式 / SL / SL表彰式 / GS / GS表彰式 / 紹介事項